あちこちからお金を借りているのならば借金一本化することで楽になりますよ!

誰もが借金をしたくてしたのではありません。

給料がなかなか上がらないために生活資金としてお金を借りる。

様々な出費が重なったために仕方なくお金を借りる。

他にも様々な理由によってお金を借りなければならない状況に陥るのですが、中には複数の金融業者からお金を借り入れたために、返済に支障をきたすことだってよくある話です。

この借金を何とかしたいのだが、どのような方法を取れば良いのかも分からないのがふつうですし、諦めている方も多いのではないでしょうか。

複数から借り入れているために毎日返済に追われている

借金がある程度の金額に達している方の多くは、複数の金融業者からお金を借り入れていることが多いです。

いわゆる多重債務ですね。

でも複数の業者から借り入れるメリットもあるのです。

例えば一括で10万円を返すより、2万5千円ずつを4回に分けて返す方が返済自体は楽に思えますよね。

でも実態は毎月毎月何度も返済日(約定返済日)を迎えることで、常に借金の返済に追われているイメージから神経の休まる間が無い状態になってしまうのです。

また多重債務のきっかけが、A社のへの返済のためにB社から借り入れて、B社への返済のためにC社から借り入れるパターンの場合には、結局返済に充てられずに借金総額が増えて苦しさも増えるような場合、返済日が地獄の日のように感じてしまいます。

それに借りた業者によっては金利を規制のギリギリで設定しており、返しても返しても借金が減らないという状態になることもよくあることです。

借金を一本化することで返済が楽になるかもしれません

あちこちから借金を重ねている多重債務者の場合、金利が法定金利の限度ギリギリな場合が良くあります。

そのような複数の業者から借りていれば、返済日を迎えるごとに頭を抱える状態になってしまいます。

そこで借金総額と同額を1社から借りて、まずは従来からの借金を全て返済してしまいます。

そして新たに借りた業者1社に対してだけ返済を行っていきます。

これを借金の一本化と言い、おまとめローンと言った名前で出されていることもあります。

この方法は金利の低い業者から借り入れることで、毎月の返済額が軽減されるとともに、1社にだけ返せばいので計画が立てやすく、精神的負担も軽減できるのです。

ただし借金の元金は減るわけではありませんし、金利の低下とともに返済月数が増えることで、総返済額は逆に増加する可能性もあるので注意が必要です。

毎月の返済額さえ少なくなれば返していける、と言った人に向いた方法ですね。

借金返済のめどが立たず途方に暮れているというのならば

借金を一本化したところで自分にはもう返済能力が無い、と言った方には債務整理と言う方法があります。

任意整理と言って利息のカットや借金の減額を行うことで、今後も返済を続ける方法。

特定調停と言って裁判所を通して返済方法などを話し合って決めるもので、債務の減額を行ったりします。

個人再生は借金を3年以内で返せるように、借金の大幅な減額を行うもので裁判所を通します。

そして自己破産は借金も棒引きしてもらう代わりに、生活上最低限必要なもの以外はすべてを提供するものです。

過払い金請求を行った後も債務が残る場合も債務整理となります。

いずれの方法も司法書士や弁護士に任せることが一般的です。

債務整理を行うと最低5年間はローンを組むことも、新たな借金を申し込むこともできません。

いわゆるブラックリストに記載される状態になるのです。

関連記事

NO IMAGE

要注意の保証人制度とは?債務整理したら保証人はどうなる?

NO IMAGE

無料でも十分遊べるけれども課金のし過ぎには十分な注意を

NO IMAGE

借金返済、債務整理とおまとめローンどちらを選ぶべきか

NO IMAGE

債務整理の料金は弁護士費用が大半になる

NO IMAGE

ふつうに生活をしているだけなのに借金から風俗嬢へ

NO IMAGE

サラリーマンは何かと損をしていると思っている方々へ